2013年01月21日

ジェベル125 2012-2013冬季走行 実戦編 その2

今日は朝方までは雪だったが、昼からは気温が上がり(上がったと言っても氷点下3℃ほどなのだが)、日射しがあったので、道路の表面が融けて、かなり滑りやすかった。

この条件下で、KKを打ち増ししたジェベル125を走行させてみた。

やはり、リアが滑って怖い・・・いかんね・・・・!


案の定、家の近くで左折しようとしたら、あっけなくこけてしまった・・・(++;

センターとサイドの中間のブロックのグリップが弱い感じだ。


先日はセンターブロックにKKを打ったのだが、センターとサイドの中間にもKKを打ち増ししたい(^^)。

それと、タイヤのエア圧(現状1.8kg)をリアだけ1.5kgくらいに下げてみようと思う。

効果が出てくれれば良いのだが・・・?



posted by djebelist777 at 14:50| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あれだけ打ち込んでも滑ってこけちゃうんですか…
そう考えると、チェーンの効果が大きいと思いつつも、郵便局配達員のカブ運転テクニックはすごいんですね!
Posted by 木村 at 2013年01月21日 18:12
木村さんへ

 コメント、どうもですm(_ _)m。

こちらの郵政カブはスタッドレスで、チェーンなしで走っている人もいます。
スタッドレスでリアのみチェーン装着の郵政カブもいます。
やはり、仕事で毎日走っている人にはかないません(笑)。

T63の皮もまだ剥けていないし、マカロニピンもまだ新品同様なので、それで滑っているのかもしれません。

乾燥した舗装路面を20~30km走行することができれば、かなり摩耗してくれると思うのですが・・・
苫小牧あたりまで遠征しないと無理でしょう・・・(笑)。

それにしても、フロント(MT-21)は凄く安定しています。
ミシェランからピレリに心移りしそうです(笑)。
Posted by ジェベリスト777 at 2013年01月21日 21:13
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。