2013年01月28日

スパイクタイヤ製作 その3 リアタイヤ編

 今朝も冷え込み、マイナス16℃以下となった。

P1281816.JPG

ジェベル125は寒さにもめげず、エンジンを始動させることができた。




P1281838.JPG


 今日は寒さの中、KLXのリアタイヤの加工。

P1281839.JPG


 D605のブロックにKKを打ち込む。
ブロック1つにつき、2本のKKを打ち込んでいった。



約2時間かかって、マイナス5℃以下の寒さの中、電動ドライバーで打ち込んでいった。

もう少しで、終了というところで、KKの残がなくなっってしまった。

8本足りないのだ。

1000本購入したはずなんだが、あっと云う間になくなってしまった(苦笑)。

仕方なく、先日スノトレの底に打ったKKを8本引き抜いて、不足分を補った。


P1281840.JPG

 上の写真のサイドのブロックに光沢のあるKKが4本あるが、それがスノトレから引き抜いたKKである。

これで、なんとかリアも全ブロックにKKを配置することができた。

次回までにバッテリーを充電することに。

エンジン始動とテスト走行が楽しみである。

テスト走行に問題がなければ、早速トランポに積載して氷結湖上で遊んでみたい!(^^)






posted by djebelist777 at 22:15| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。