2013年01月29日

氷雪上走行専用マシンのテスト その1

バッテリーの充電が完了したので、KLX125を「KOLD KUTTER」でフルピン仕様にした氷雪上走行専用マシンのテストをすることに・・・


P1291855.JPG


 2ケ月ほどエンジンをかけていなかったためか、一発始動とはならなかったが、2回目に無事始動できた。











P1291846.JPG

 気温はマイナス13.6℃ (雪山の雪温がマイナス11.9℃)


KLXは完全に遊び用のマシンなので、(冬季は)塩の撒いてある道道・国道等は走行しないことにする。

タイヤはノーマルのD605、フロントはブロック1つにKKを1本ずつ、リアにはブロック1つに2本ずつ

打ち込んである、

家の周囲の圧雪路(一部にアイスバーンあり)を何回か周回してみた。

合わせて、比較のためジェベル125で同じコースを何回か周回してみた。


P1291862.JPG



  *結論*

マカロニピン主体のジェベル125と比べ、圧雪路面、凍結路面でのグリップが格段に良い!

凍結路面でもフロントをとられることがほとんどない!

直進性良し、コーナーリング性良し!

走っていて、とにかく「楽しい」のだ!

昨日、ジェベル125で圧雪上で少し遊んで楽しいと思ったが、はっきり言ってそれ以上に楽しい感触である。


******* 次のお休みの日には、どこか氷結湖上で遊ぶことに決定(^^)! *******



posted by djebelist777 at 11:24| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは、私もKLX125に乗っているのですが、スパイクタイヤには何処のタイヤを使用されていますか?純正タイヤやダンロップのD605ではブロックの高さが無い(フロント)ので普通のスパイクピンが入りきらず突き出し量が多すぎになってしまいます・・・(´・ω・`)
Posted by at 2013年12月17日 23:36
 タイヤは新車に標準で付いてきたD605です。
ブロックの山が低いので、普通のスパイクピンは装着できないと思い、KOLD KUTTER を装着しています。

 こちらの記事を参照してください。

 http://djebelist777.seesaa.net/article/316542853.html#more


Posted by ジェベリスト777 at 2013年12月18日 07:43
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。