2013年05月02日

KLX125 タイヤ交換

5月2日(木)

今日も天気は曇り。
しかも風が冷たい。

DSC01622.JPG

 雪道仕様(D605+KK)のKLX125のタイヤを春仕様にすることに。


DSC01633.JPG


 KK装着のタイヤをホイールからはずすのは、やはり手が痛くてやりづらい。
なんとか、リアホイールをはずして、新タイヤの上に。


DSC01636.JPG

 クリーム類・スプレー類を使用しないで、なんとか装着できた。


DSC01641.JPG

 お次はフロント。

KKタイヤはずしにやや手こずったが、何とか完了。


DSC01642.JPG


前後ともに、ホイールのリム表面に数カ所の錆を発見!
まあ、アルミリムではないから仕方がないか・・・

リッチになったら、アルミリムとステンレススポークに交換することにしよう。

チューブは多分ダンロップ製に見えたが、なんとなくゴムが硬かったので、チューブも前後とも新品のダンロップ製に交換した。

それにしても、前後輪ともにシャフトのナットが異様に固く締められていて、緩めるのに一苦労した。
特に、フロントをソケットレンチで緩めようとしてうまく行かずレンチのソケットをなめてしまった・・・
結局、4輪車のタイヤ交換用の十字レンチを引っ張り出してきて、やっとはずしたのだが。
新車時の締め付けトルクって、そんなに大きいものなのかな・・・?
まあタイ国で生産したバイクなので、トルク管理が国産に比べるといい加減なのかもしれない。


DSC01645.JPG


 フロントタイヤ

DSC01647.JPG

 
 リアタイヤ

DSC01649.JPG


ノーマルのD605に比べれば、林道での戦闘能力はかなり高そうである。
KLXは基本的にツーには使用しないので、オンロードでの使用は考慮していない。

来週になれば寒気が抜けていくらしいので、暖かくなったらトランポに積載することにしよう。


posted by djebelist777 at 17:23| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
戦闘能力の高そうなタイヤっすね!
モーターサイクルショーで、ホンダが125クラスのニューマシンをドンと発表したので、これからこのクラスは活況を呈するんじゃないかと思います、、、が、この手の予想は当たった試しがありません(笑)
Posted by 木村 at 2013年05月02日 20:06
木村さんへ

 コメント、どうもです(^^)。

お察しの通り、Michelin社の某タイヤです(^^)。

KLXはタイヤサイズが特殊で、公道仕様はD605、GP21・22しかないので、あっさりと割り切りました(笑)。

ハンドガード、アンダーガードも付けて、D605では・・・? となりますから(笑)

6月になったら、これで函岳に行ってきます!(^^)

ホンダさんにはがんばって欲しいものですけどね。
現況、カワ1社でがんばっている状況ではね。

スクーターには無い楽しさをどれだけの若者が理解してくれるんでしょうか?
Posted by ジェベリスト777 at 2013年05月02日 20:45
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。